信用情報について詳しく

仮審査では、その人にローン支払い能力があるかどうかを思った以上にしっかりと調べます。それが本審査に近い結果を出す要因になるのですが、仮審査時点でも信用情報機関の情報は参照されます。マイカーローンの審査を考える上で、信用情報はとても重要です。

 

信用情報機関に記録されている信用情報には、現在や過去のローンやクレジット契約関連の申込み情報、契約情報、支払い状況などが記録されています。

 

例えば私がマイカーローンの申込みをした場合、仮審査時点で現在の債務情報が調べられてしまいます。現在クレジットカードでいくらの支払いが残っているのか、住宅ローンやカードローンを利用しているかとその金額、それらの支払いが現在滞っていないか、もしくは過去に滞った履歴がないかまで、記録されています。

 

信用情報には割賦契約情報も含まれているので、携帯端末の分割支払金の情報も記録されています。その為、携帯料金滞納が原因でマイカーローン審査に落ちるというケースもあります。

 

過去の信用情報の問題に心当たりがある人にとっては恐ろしい話です。しかし、信用情報機関に記録されている情報は一生残るわけではありません。例えばローン申込み情報なら半年、返済遅延情報なら5年というように、その後しっかりと支払いを続けていればいずれ改善される場合もあります。