マイカーローンの仮審査について理解しているか

マイカーローン申込時には審査があります。その人にローンの支払い能力があるかどうかを調べるのが審査です。支払い能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまうので、マイカーローンは組めません。

 

そのためこれからローンで車を購入する時に、審査についての情報はとても大切です。しかし実際にマイかローンを申込む人の中には、仮審査があるという点やその重要度、メリットやデメリットについて理解していない人もいます。そもそも仮審査とは何なのか、本審査との違いについて解説します。

 

仮審査で進めるマイカーローン

 

仮審査があるなら本審査もあるのか

仮審査がある以上、本審査もあります。しかし、仮審査と本審査の違いは、例えば就職の一時面接と二次面接のような違いではありません。審査を受けるこちら側としては、仮審査なんて構えず一発で審査結果を教えて欲しいというのが多数派だと思います。

 

仮審査で問題がなければ、ローン支払い能力はあると見なされます。逆にローン支払い能力がないと見なされればそもそも仮審査で落ちます。では何故仮審査があるのか、本審査一度で済ませればよいでしょう。仮審査が設けられている理由として時短があります。

 

私達にとっても、とりあえず借りられるかどうかは早く知りたい情報です。しかし実際の審査には意外と時間がかかります。仮審査では顧客の申告情報を基に審査を行います。ただし、本人のローン関連の契約情報もしっかりと調べた上での審査なので、意外と本格的に行われます。その為、仮審査の結果が問題なければ、本審査もそれ程心配はいりません。

 

ローン会社側としても、本審査を行う前に仮審査でふるい分けをしておけば、無駄な本審査を省けます。仮審査を設けるメリットとして、貸す側借りる側双方で時短が望めます。

 

利用者側としてもこちらhttp://www.mycarloan-hikaku.com/にあるように車種や金額が決まる前に仮審査が受けられるのであれば、その後の車選びにも無駄がなくなるので両者にとって大きなメリットがあるのです。

 

本審査で引っかかる理由とは

仮審査で通れば本審査も心配はないといいましたが、本審査で引っかかるケースもあります。しかし、こちらの申告がしっかりしていれば本審査で引っかかるケースはそれ程多くは有りません。

 

本審査で引っかかるケースとして、例えば書類不備があります。収入証明書類に賞与情報が載っていなかった、免許証記載住所が現住所と一致していなかった、などの場合、本審査で引っかかる可能性があります。

 

他にも申告した年収に虚偽の可能性があった、他社借入れ状況と借入費用を踏まえると収入が十分でないと判断されるなど、仮審査では問題なかったが本審査でよく見てみると不備があるというケースもあります。

 

書類の問題であれば再提出を求められますし、金額的な問題であれば車両のグレードを下げる、正しい年収情報と収入証明書を提出する、親などに保証人になってもらうなどの処置を取れば審査に通るケースもあります。

 

とはいえこのようなケースは実際には少なく、仮審査が通れば本審査もスムーズに済むケースが多いです。

 

銀行のマイカーローンは仮審査から入る

現在はディーラーに依頼せず、自分でマイカーローンの申込み先を探す人が増えています。どの業種でも人任せにせず、自分で見積もりを出して比較する人が得をする傾向はあります。マイカーローンも例外ではなく、銀行などの金利を比較すると金利手数料が大幅に下がる可能性があります。

 

仮審査のメリットとして大きいのは、インターネットなどで手軽に試せるという点があります。仮審査段階では書類の提出不要で行ってくれる所が多く、ネットで申込みをするだけで借りられるかどうかがわかります。それも仮審査が通れば本審査も通る可能性が高いので、情報の信頼性も期待できます。
参考情報:http://xn--ecko5mkc4a4cb7261jdgyc.jp/

 

金利が低いマイカーローンは審査も厳しいと言われていますが、まずは手軽にできる仮審査を通してみるというのは有効な手段と言えそうです。